希望とか踏み絵とか。

民進党が希望の党に合流するということで、小池さんが前原さんたちに安保・憲法改正の踏み絵を突きつけているけど、政策より上位概念である政治思想を一致させることは当然だと思う。

にもかかかわらず、常日頃は「政策や理念の一致がなく集まるのはただの野合だ」とディスっているマスコミの一部が、希望の党に対して「排除はおかしい」だとか「色んな考えが必要」だとか、180度真逆のことを言っているのは本当に呆れる。

政治思想がバラバラだから簡単に瓦解していった今回の民進党を見ても明らかですが、徒党を組むなら何よりも大事なのが思想であって、選挙に勝つために集まるだけとか本当に税金の無駄なのでやめてもらいたい。

思想(=大きな方向性)が一致している上で、各論(=方法論)である政策等に違いや厚みが出てくるのがベストであって、思想はブレたらだめでしょ。なので、思想をはかるための踏み絵は絶対必要で、そこがブレたら小池新党も民進党みたいになってしまいますよね。

ということで、小池さんの踏み絵は100%アグリーだし、むしろ当然だと思う。

また、民進党と共産党の連携とかも、なんで資本主義者が共産主義者という真逆の思想家と、選挙を勝つ目的のためだけにいとも簡単に手を組めるのか意味不明だし、思想がぐちゃぐちゃの政党なんて本当に存在意義ない。「安倍政権を倒す」っていうフレーズも頭の悪い何でもいいからクーデター志願者みたいな感じで、本当にやめた方がいいと思います。寒気がします。

それより、保守二大政党の中で、より良い政策を希望の党が出してくれ、実績が積み重なっていけば、自然と安倍さんより小池さんがいいんじゃないの?ってなっていくわけですし、民進党みたいに物騒なフレーズで倒すとか言ってても何もならない…。そもそも、そこを求めてないですしね。

ちなみに、ちょっと話は変わりますが、個人的にはあまり支持していない辻元清美さんなんかは、今回の件に関しては潔いし凄いなと見直しました。早々に自分の思想を貫いて、「私は踏み絵を踏みません」と宣言しているし、信念や気骨がある政治家だなと思った。

なので、リベラル(というか、左派、社会主義)みたいな人たちは人たちで徒党を組めばいいわけで、そこが共産党と連携してもそんなにブレていないわけですし、そういう戦い方をしてもらいたい。枝野さんや辻元さんあたりが、そういう政党つくればいいんじゃないですかね。希望から弾かれた民進党リベラル議員団で。

保守 VS 保守(既存の代替となりえる現実・保守主義) VS リベラル(社会主義・共産主義含む左派)

って構図が健全だし分かりやすくていいと思います。まぁ、「保守」って言葉はわかりづらいですけどね。保守の人たちが変えたがっていて、リベラルの人たちが守りたがっているので…^^;

個人的には日本の「保守」は「現代的自由主義と民主主義を守る人たち(自由や民主主義、それらの前提となる国家の安全が毀損されそうならば憲法を変えてでもそれを守りますよの人たち)」、日本の「リベラル」は「民主主義ではありながらも、社会主義のフレーバーが香る人たち(競争とか争いとかやめてできるだけ平等社会がいいやん、強くなくてもいいやん、競争主義のアメリカさんとは距離を置いたほうがいいやん、の人たち)」くらいのイメージで捉えています。ざっくり言えば。

話がズレるのでこれ以上は書きませんが…