怒りを感じやすいドライバー

運転中のトラブルのニュースが最近やたらと多いですけど、たしかに、運転は精神修行みたいなものですよね…

長距離の旅行に行けば煽ってくるような暴走車両に1台は遭遇しますし、日常の市街地での運転でも、謎に車間距離が短い後続車両や突然割り込みをしてくるようなマナー違反車両とかたくさんいますよね。普通に運転しているだけで、イライラすることは少なくありません。

これらのイライラにひたすらに耐える、じっと我慢する。そんな精神修行が運転だと思っています^^;

そんな中、岩手大学研究グループの「怒りを感じやすいドライバーの特徴」の調査結果が興味深かったのでシェア。

運転中“怒りやすい”ドライバーの特徴とは|日テレNEWS24
交通トラブルをめぐり、高速道路の進路をふさいで車を停止させ、夫婦2人の死亡事故を起こした男が逮捕された事件。運転中の「怒り」について、大学の研究グループが怒りを感じやすいドライ...

■怒りを感じやすいドライバーとは

 この研究によると、運転中に怒りやすいのは意外なドライバーだった。分類された内の上位3つは――

1.運転経験が長い
2.事故を起こしていない
3.運転中に疲れる

 なんと、ベテランのドライバーや事故を起こしたことのないドライバーほど、運転中に怒りを感じやすいという結果になった。

ソース:http://www.news24.jp/articles/2017/10/12/07374904.html

これは意外でした。経験の浅い若者とか、事故を定期的に起こしているような粗暴な人が怒りを感じやすいのかと思っていましたが、まさか無事故ドライバーが怒りやすいとは…

僕も車は20年運転していますが、事故歴0回なのでイライラするのかもです。たしかに、もしも事故っていたら運転自体に恐怖を感じると思うので、多少は萎縮して他人にイライラするどころじゃないと思うので。

もしかすると、まじめに何十年も仕事をコツコツやってきたサラリーマンのおじさんが、駅とかでちょっとマナー違反している若者にキレる構造に似ているのかもしれませんね…

真面目にコツコツやってきたからこそ、そうじゃない人に怒りを覚えるみたいな。でも、そのおじさんも、はたから見れば十分横暴ですよ、みたいな(笑)

それはそれで嫌ですよね。

僕はトラブルが嫌なのでアホな運転をしている人がいても基本的にスルーしているのですが、精神的にイライラすることには変わりないので、それをなんとも思わない強靭な精神力を身につけるか、無心を手に入れたいです。

無の境地にたどり着きたい。悟り?まさに精神修行ですね… ^^;